用語

眼やレーシックなどの解説される時、医学的な内容から様々な用語が使われます。
それらの用語を、50音別に簡単に紹介
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行
“や〜わ”で始まる用語
▶融像
左右の網膜に映った像をまとめて1つの映像として処理する機能のことを言います。 斜視の場合は、視点が合っていないことによって、この機能が働かず複視となってしまいます。
▶ランドルト環

視力検査の時に使われている「C」の形をしたマークの事を「ランドルト環」と言います。

このマークは、フランスの医師が考案したもので、万国共通の視力検査法です。

▶リグレッション

レーシックの手術後に発症する場合がある症状で、近視に戻ることを言います。

その原因になっているのは、角膜で唯一の再生機能持つ角膜上皮の再生能力で、 稀に手術前以上の厚さに再生されてしまうことによって、角膜の厚さが結果的に戻ってしまうことを言います。

▶レーザーケラトーム

通常のレーシックでは、マイクロケラトームという器具で角膜を切るのに対して、イントラレーシックでは、レーザーにより角膜を切ります。

この時使われるレーザー装置をイントラレーザーと言いますが、このことを「レーザーケラトーム」とも呼びます。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights