用語

眼やレーシックなどの解説される時、医学的な内容から様々な用語が使われます。
それらの用語を、50音別に簡単に紹介
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行
“た〜と”で始まる用語
▶チン氏帯
チン氏帯は「毛様小帯」とも呼ばれ、毛様体と水晶体の間を結び水晶体を支える役割をしています。 また、毛様体と共に水晶体の厚さを調整することで、焦点を合わせて、映像をハッキリと見えるようにする役割もあります。
▶点眼麻酔
点眼による麻酔のことを指し、眼の手術を行う時に使われます。 注射のように痛みを伴うことはありませんが、人によっては多少“しみる”場合もあります。
▶瞳孔

虹彩の中央にあいている「穴」を指します。虹彩は瞳孔の大きさを変えることによって、眼に入る光の量を調整するため、 周囲の明るさによって、瞳孔の大きさは変化します。

また、網膜などの検査の時には、散瞳剤で瞳孔を開いて、眼球の奥にある網膜などを検査します。

▶ドライアイ

涙液の減少などによって眼の表面に障害を生じる疾患を言います。

ドライアイで眼の表面が乾燥すると、角膜が傷つきやすくなり、 重度の場合には、角膜の損傷によって視力低下や眼球全体が感染してしまう場合もあります。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights