用語

眼やレーシックなどの解説される時、医学的な内容から様々な用語が使われます。
それらの用語を、50音別に簡単に紹介
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行
“さ〜そ”で始まる用語
▶散瞳剤
眼底検査などの時に瞳孔を開かせる目薬を指します。
瞳孔を開くことによって、目の奥にある網膜を見やすくし、網膜・視神経・硝子体などを詳しく調べます。
▶上皮迷入

レーシックなどの手術後にフラップの下に再生した上皮細胞が入り込んでしまう状態のことを指します。

この状態になってしまうと、フラップを剥がして、その下を洗浄した上で、再度フラップを正確に戻す必要があり、 場合によっては重度の炎症をおこしてしまう危険性もあります。

▶斜視

両目の視線が合わない状態を指し、両目で同時にモノを見ることが出来ない状態を言います。

斜視の状態で両目でモノを見ると視線が合っていない為に、モノが二重に見えると言う「複視」になります。

▶収差

光の屈折によって、レンズの中央から入ってくる光と端から入ってくる光の焦点がズレることを言います。

このズレは、レンズの役目をしている角膜や水晶体のゆがみによって起こり、レーシックでは、ウェーブフロントの解析を利用することで、 このゆがみを矯正して、よりクリアな視界にすることが出来ます。

▶硝子体

眼球の内部の大部分を満たしている無色透明でゲル状の液体で、約99%が水で構成されています。

硝子体は、眼球の形を整える役目を持っており、老化やストレスなどにより、ゲル状から液化することで、 「飛蚊症」や「網膜剥離」などの原因にもなってしまいます。

▶水晶体
-
▶正視
視覚が正常に働いている状態を指します。
正視の状態では、遠近に関わらず焦点が網膜状に位置しているため、正確に映像を認識することが出来ます。 焦点が網膜状に無い状態になると、視力低下などの視覚異常になります。
Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights