用語

眼やレーシックなどの解説される時、医学的な内容から様々な用語が使われます。
それらの用語を、50音別に簡単に紹介
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行
“な〜の”で始まる用語
▶内皮細胞層
角膜のもっとも内側にある層で、約20μmの厚さがあります。角膜組織に酸素と栄養分を補給して、角膜を透明に保つ重要な役割を果たしています。
▶偽近視
一過性の近視のことを指し、「仮性近視」とも言います。近くを長時間凝視し続けた場合など、 眼を酷使した時に現れる症状で、調整機能の低下による視力低下であることから、屈折異常の近視と区別されています。
▶ノーブレードレーシック
イントラレーシックのようにレーザーなどによるレーシックのことを指し、マイクロケラトームなどの刃を使わないレーシックのことを言います。
▶ノンコンタクトトノメーター
ノンコンタクトトノメーターは空気を眼球に当てることによって眼圧を測定することが出来る機械で、 術前の検査において眼圧を測定するレーシックにおいても欠かせない機械の1つです。
Lasik-レーシック- 視力回復術
レーシックの基礎知識
レーシックとは
メリット
デメリット
適応・不適応
合併症
手術の内容
基本的な手術の流れ
手術前の準備
手術後の処置
費用
費用
保険
医療費控除
copyright(c) Life style.All Rights