眼の仕組み

“眼”は精巧な仕組みによって“モノを見る”という機能を果たしています。 精巧であるが故に、その優れた機能は一部分が異常をきたすことで、その機能までもが異常になってしまいます。

この精巧な“眼”という機能の仕組みを6つの項目に分けて簡単に紹介

見える仕組み視力低下の原因視力矯正の仕組み近視の仕組み遠視の仕組み乱視の仕組み
視力低下の原因
視力低下の原因は、一般的に環境による影響が大きいと言われています。しかし、実際にはその原因は現在のところ解明されてはいません。
▶主な原因説
視力低下には様々な説があるようですが、主に「遺伝説」「環境説」「眼軸説」の3つが挙げられます。
・遺伝説

100年近く前から提唱されている説で、遺伝説では何歳の時に近視になり始め、どの程度まで低下するかが遺伝子レベルで決まっていると言われています。

この説の裏付けとして、89%という高確率で親子が近視であること、近年の研究で関連する遺伝子も特定されたことなどが挙げられており、 現在の医学界では“遺伝説が定説である”とする専門家が少なくありません。

・環境説
一般的にもっとも定着しているのが「環境説」になります。 環境説では、TVやパソコンをはじめとする生活環境の変化によって遠くを見る習慣が無くなったことにより、 一種の退化のような形で屈折調整力が低下した為だとされています。
・眼軸説

これは、水晶体の屈折率は基本的に同じで、 焦点が結ばれるべき網膜が成長の過程で前後になってしまうことによって近視や遠視になってしまうというものです。

具体的には、仮性近視(偽近視)のように、眼の疲労によって視力が低下することは医学的にも確認されていますが、 この眼の疲労は「環境説」に該当し、眼の疲労が慢性化することで慢性的な近視になることから “仮性近視”から“近視”に移行する場合も数多くあります。

また、「軸性近視」では眼軸が長い場合に該当されますが、“軸性近視ほどではないが、 眼軸が長め”の場合でも、焦点にズレが生じてしまうので、視力低下の要因になってしまいます。

さらに、角膜などの“ゆがみ”によって焦点が1つに収束されない「乱視」や、 遠くも近くも見えない「遠視」においては、環境説では説明できない部分がある為、 成長期の眼球傷害などを除き、遺伝的な要素が強いと言わざるおえません。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights