視力回復訓練

一般的に「視力回復トレーニング」と言われている方法は、医学的には、ハッキリとした効果は認められていませんが、 視力回復の民間療法として以前から浸透しています。

これらの方法は、医学的な根拠は乏しいと言えるようですが、 視力が回復した実例もあることから、一定の効果があると言えます。

視力回復トレーニングとは?遠近トレーニング凝視トレーニング眼球運動トレーニング眼のリラックス
視力回復トレーニングとは?

視力回復を行う方法として、「視力回復トレーニング」と呼ばれる民間療法があります。
この方法は、視力低下の原因が環境説だとする人によって提唱されている方法の1つで、実に様々な方法があり、関連グッズも数多く販売されています。

▶トレーニングの効果

モノを見る時には、そのモノまでの距離に応じてピント(焦点)を合わせることで、はっきり見えるようになり、 この機能が正常に働かないことで視力異常が起こります。

人間の眼は、眼球内にある水晶体の厚さを変えることで屈折率を調整して焦点を合わせますが、 この水晶体の厚さを変えるのは、毛様体と呼ばれる筋肉が行っています。

環境説では、この毛様体の機能が低下することによって近視になりますが、 視力回復トレーニングでは、この毛様体の機能をトレーニングによって回復させるのが目的になり、それによって視力回復を行うというものです。

医学的には、視力回復トレーニングは効果が無いとされていますが、 実際にトレーニングを行って視力が回復している実例もある為、一概に効果が無いとは言い切れません。

ただし、仮性近視のように眼精疲労などによる視力低下には医学的にも効果があり、 トレーニングによって視力回復した例は、慢性的な仮性近視が解消された為、という意見もありますが、 根本的に近視が完治したとは言えないようです。

▶トレーニングの活用

これらの点を考慮した上での視力回復トレーニングの活用法として、大きく2つ挙げることが出来ます。

・自己診断の目安として

レーシックなどの手術による視力矯正を行うには、高額な費用の他に手術のリスクも必ず負うことになります。 その為、視力回復トレーニングによって手術の必要性があるかどうかの判断を行うことが出来ます。

仮に、慢性的な疲労による視力低下の場合には、当然手術の必要性はない為、トレーニングによって視力を回復させることが可能になります。

トレーニングを行って効果が無い場合には、視力矯正の1つの方法としてレーシックなどを検討し、医師に相談をしてみる必要があると思われます。

・眼の健康のため

視力回復トレーニングは、仮に視力回復の効果が無かったとしても、眼の為には大変良いことであるのは間違いありません。

眼をリラックスさせ、眼の健康を保つという事は、視力矯正を行う前においても後においても重要なことであり、 生涯快適に眼を利用する為には必要なことだと言うことが出来ます。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights