視力回復訓練

一般的に「視力回復トレーニング」と言われている方法は、医学的には、ハッキリとした効果は認められていませんが、 視力回復の民間療法として以前から浸透しています。

これらの方法は、医学的な根拠は乏しいと言えるようですが、 視力が回復した実例もあることから、一定の効果があると言えます。

視力回復トレーニングとは?遠近トレーニング凝視トレーニング眼球運動トレーニング眼のリラックス
眼のリラックス

視力回復トレーニングの1つとして、「眼のリラックス」があります。 屈折異常などからの“視力回復”としては医学的に立証されてはいませんが、仮性近視のように眼精疲労からくる視力低下には効果的です。

また、毎日酷使されている“眼”をリラックスさせることで、視力低下を抑制する効果もあると思われます。

▶主なリラックス法
眼のリラックス法には様々な方法があり、眼を瞑ったり目頭を抑えたりなど、眼が疲れた時に無意識で行っている仕草なども、眼のリラックス法の1つだと言えます。
・ホットパック
温水で濡らしたタオルなどで眼を温めることで、血行を促進させ、眼精疲労を軽減させます。
50〜55℃くらいの温度で、眼の上に5分程度乗せておくことで効果があります。
・アイスパック

冷水で濡らしたタオルなどで眼を冷やすことで、眼の周辺の血管を引き締めます。 冷たすぎない程度の温度で、眼の上に5分程度乗せておくことで効果があります。

また、上記のホットパックとアイスパックを交互に行うことで、効果が倍増されます。

・遠くを見る
目は近くを見るときは交感神経が働き、遠くを見るときには副交感神経が働いています。 何もせずにボ−−ッと遠くを眺めるのは目にとって最高のリラックスになります。
Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights