視力矯正比較

現在ではレーシックのように手術によって視力矯正を行う方法や、 眼鏡などのように古くから利用されている視力矯正方法など、様々な方法で視力矯正が行われています。

レーシックという矯正法と、その他の代表的な方法を比較して紹介します。

眼鏡・コンタクトオルソケラトロジーフェイキックIOLICL
眼鏡・コンタクト
視力矯正として現在もっとも利用されているのは、眼鏡とコンタクトレンズです。 以前から広く普及していることと、数千円〜数万円の価格で購入できることで、レーシックがある程度広まっている今日でも、視力矯正の主流になっています。
▶眼鏡の特徴
眼鏡はもっとも古くからある視力矯正の方法で、今日でも広く普及しています。
・メリット

眼鏡の大きなメリットは、取り扱いが簡単で面倒なケアが不要な事だと言えます。 また、簡単に付け外しが出来ることから、サングラスなど実用とファッションを兼ねて裸眼の人でも利用している場合もあります。

更に、直接眼球に触れることが無いため、角膜を傷つけることが無いというのも大きなメリットだと言えます。

・デメリット

デメリットとしては、視野がフレーム内に限られてしまう点や、曇ったりゴミが付いたりとレンズの汚れが激しい点が挙げられます。

他にも、スポーツや仕事などによっては眼鏡が邪魔になってしまう場合があるのも大きなデメリットの一つだと言えます。

▶コンタクトレンズの特徴
裸眼に近い視力矯正法として今日、もっとも普及しているのがコンタクトレンズです。
・メリット

もっとも大きなメリットは眼鏡のようにフレームが無いことです。 角膜にレンズを密着させることで裸眼と同じ視野を確保することができ、 フレームが無いことからある程度のスポーツや仕事に対しても支障をきたしません。

また、フレームが無いことで眼鏡をかけた時のように雰囲気が変わることが無く、ファッション的に優れているとも言えます。

他にも、ハードレンズの場合は、視力低下をある程度抑制する効果もあると言われています。

・デメリット

もっとも大きなデメリットは、角膜に密着させることによって、角膜を傷つけてしまう危険性があるということです。 さらに、ハードレンズでは、着用中に眼に衝撃を受けることでレンズが割れて失明してしまう危険性もあります。

また、不衛生なレンズを着用することで、感染などの危険性が発生し、炎症を起こす場合があります。その為、レンズのケアを毎日行う必要があります。

▶費用の比較
眼鏡・コンタクトレンズ・レーシックの費用を比較した場合、下記のようなグラフになります。
費用比較のグラフ

一般的に、眼鏡やコンタクトレンズは生涯同じ物を使い続けられないと言われています。
例えば、眼鏡の場合、使用を続けることで視力低下が進行してしまうため、度数を調整する為に数年ごとに、買い換えを行う必要があります。

コンタクトレンズの場合は、ハードレンズで2〜3年、ソフトレンズで1〜1.5年というレンズの寿命がある為、 レンズの買い換えになり、使い捨てのコンタクトレンズでは更に短いスパンで買い続ける必要があります。

一方レーシックの場合は、老眼などの例外を除けば基本的に一度の手術で再手術の必要は無いとされています。

これらの事を考慮した場合に、想定する使用年数にもよりますが、レーシックが安価な視力矯正の方法だということが出来ます。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights