医療費控除

レーシックは、手術を行う為、医療行為に当たることから“医療費控除”の対象になる場合があります。

レーシックの手術が医療費控除の対象になるかどうかは、管轄の税務署に確認をする必要がありますが、 対象になっている場合、確定申告により過剰に支払った税金分が還元されます。

▶税金の算出

医療費控除は所得として算出させる為、所得控除に含まれます。

(所得税) = {(所得) -(所得控除)} ×(税率)

つまり、(医療費控除額) ×(税率)が過剰に支払った税金として、確定申告により還元されます。

年収400万円の所得がある場合、所得税の税率は20%なので、手術代や検査費用、交通費などを含めレーシックによる費用が50万円であった場合、 「50万円(医療費控除額)×20%(税率)=10万円(過剰納税額)」が確定申告によって戻ってくることになります。

▶適用

この医療費控除は、“年間の支払い医療費総額が10万円以上”または“総所得の5%以上”が適用になる為、 これらの条件に該当しない場合は適用になりません。

また、医療費控除額の算出は、下記のように算出されますが、この算出法により、 “年間の支払い医療費総額が10万円未満”または“総所得の5%未満”の場合にも、結果的に適用にならないことになります。

(医療費控除額)=(支払い医療費総額)−(医療費基準金額)
※(医療費基準金額)=(10万円)または(総所得の5%)

例えば、かかった費用が19万円で、生命保険などの給付金が10万円であった場合、 (支払い医療費総額)=19万円(実際にかかった医療費総額)−10万円(医療費補填金額)=9万円になる為、 10万円を切ってしまい、医療費控除の対象にはなりません。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights