視力矯正比較

現在ではレーシックのように手術によって視力矯正を行う方法や、 眼鏡などのように古くから利用されている視力矯正方法など、様々な方法で視力矯正が行われています。

レーシックという矯正法と、その他の代表的な方法を比較して紹介します。

眼鏡・コンタクトオルソケラトロジーフェイキックIOLICL
フェイキックIOL

フェイキックIOLと同様に眼球内にレンズを埋込んで視力矯正を行う方法として、 「ICL」という方法があります。この「ICL」は「Implantable Contact Lens」の略名で「移植型コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

日本ではまだ認可がおりていない為、フェイキックIOLに比べても施術を行っている機関は少ないですが、 フェイキックIOLと同様に注目されている視力矯正法の一つです。

▶フェイキックIOLとの違い

「移植型コンタクトレンズ」という意味においてICLとフェイキックIOLは同じ手術法だということが言えるため、 医師によっては同じ手術法だと捉えられている場合もあるICLですが、これらの方法の違いはレンズの埋込む場所の違いにあると思われます。

フェイキックIOLの場合は、虹彩と角膜の間にレンズを埋込み、虹彩の外側を“つまむ”形で固定します。

それに対して、ICLの場合は、虹彩と水晶体の間にレンズを埋込みます。 また、「コラマー」と呼ばれる形状記憶性のある柔らかい素材を使うことで、小さい挿入口でもレンズを折り畳んで挿入することが可能になります。

折り畳んで挿入したレンズは水晶体と虹彩の間の液体で広がり、その液体の中で固定されます。

ICLの場合は、挿入口が小さくて済む為、縫合の必要性が無く、炎症などを抑える為の点眼を行うことで挿入口を完治させます。

▶レーシックとの比較
ICLは「移植型コンタクトレンズ」の特性としてフェイキックIOLと同じメリットとデメリットがあります。
・適応制限

レーシックの場合、角膜を削ることで視力の調整を行います。その為、角膜の厚さにより手術を行えない場合があります。

一方ICLは、人口レンズを挿入するだけなので角膜の厚さに関係なく手術を行うことができ、強度の近視の場合でも有効な手術の一つです。

また、レーシックの場合、再生機能の無い角膜実質を削るので、 一度手術をしてしまうと元には戻せませんが、ICLの場合は、人口レンズを取り出すだけで手術前の状態に戻すことも可能になります。

・手術時間

手術時間は通常のレーシックと同じように10〜20分程度で済みます。

フェイキックIOLの場合は、レンズの挿入に角膜を数mm切開する為に縫合が必要になることなどから、 両目の手術を行う際でも、数週間の間隔を空けて片目ずつ手術を行うことになりますが、 ICLの場合は、縫合の必要性が無い為、レーシックと同程度の時間で済ますことが出来ます。

・矯正効果

ICLは、フェイキックIOLと同じように、角膜などを削らないため、ハロ現象・グレア現象といった光に対する影響が殆どありません。 その為、通常のレーシックに比べ視界がクリアだと言われています。 また、夜間の運転などを行う場合には、レーシックよりもフェイキックIOLの方が有効だということが言えます。

また、レーシックの場合は、医師の技量も影響されますが、機械の制度によって効果が大きく異なってきます。 しかし、ICLの場合も、フェイキックIOLのように手術の効果は医師の技量によって大きく異なってきます。
その為、レーシック以上に執刀医の選択を慎重に行う必要があります。

・費用

現在ではレーシックは広く普及しているため、価格競争の効果もあり、片目で10万円を切る場合も数多くあります。

しかし、ICLの場合は、まだ広く普及していないこともあり、片目で30〜50万円の費用がかかってしまします。

ICLも自由診療になる為、今後は普及に伴って費用も安くなってくると思われますが、現状ではかなり高額になっています。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights