費用
レーシックによる視力矯正は、安全性が高く裸眼の生活を実現させる画期的な方法だと言えます。 しかし、角膜手術という方法を取る為、高額の費用が必要になってきます。
▶費用の内容
レーシックを受ける際にかかる費用の内訳としては、主に下記のようなものが含まれます。
・手術の費用
・手術前の診療・検査費
・手術後の診療費
・手術後の薬代

これらの費用は、患者が支払う費用の名目になります。

手術の前後で必ず診療・検査などが必要になりますが、これらの費用が手術代に含まれている場合と含まれていない場合があります。

上記とは別の視点として、実際に病院などが必要としている費用には下記のようなものが挙げられます。

・手術機材などの設備費
・光熱費などの維持費用
・医師・看護士などの人件費
・広告宣伝費
・病院の利益

これらの費用が盛り込まれ代金を、患者は手術代などとして支払うことになります。

必要経費となる機材の費用は同じ機材を導入している病院であれば基本的に費用は同じになります。

病院によって大きく異なる費用としては、広告宣伝費と病院の利益が挙げられ、利益に関しては、その病院の良心にかかっていると言えます。

▶費用の内容

レーシックは、自由診療に該当する為、健康保険の適用外になってしまいます。 その為、各病院などによって費用の差が激しく、日本の相場としては片目で15〜30万円程度だと言われています。

ただし、自由診療であることから各病院などで価格を自由に決定出来るというメリットもあり、 レーシックの普及に伴って、割引の設定や手術費用の値下げを各病院で行うようになってきました。
その結果、片目で10万円未満で手術が行える病院も幾つか存在します。

また、同じ病院であっても、レーシックの種類により費用に開きがあります。

・費用の目安

価格表

※上記の値段は“目安”レーシックの種類によって価格差がある場合や、価格設定を変更している場合もあります。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights