視力回復訓練

一般的に「視力回復トレーニング」と言われている方法は、医学的には、ハッキリとした効果は認められていませんが、 視力回復の民間療法として以前から浸透しています。

これらの方法は、医学的な根拠は乏しいと言えるようですが、 視力が回復した実例もあることから、一定の効果があると言えます。

視力回復トレーニングとは?遠近トレーニング凝視トレーニング眼球運動トレーニング眼のリラックス
凝視トレーニング

このトレーニングは、モノがぼやけ始めた距離で、モノがはっきりと見えるようにトレーニングをして、次第にその距離を伸ばしていくというものです。

肩こりなどに代表される筋肉の“こり”は、筋肉の酷使によって固まってしまうことで起こします。

屈折率の調整を行う毛様体は、近くを見る時に負荷がかかるようになっていますが、近くばかりを見ている状態が続くことで、 毛様体という筋肉がその状態で凝り固まってしまうという考え方が基本になっています。

この方法では、凝り固まった毛様体を、少しずつ“筋肉の緊張が解ける方向に負荷をかける”ことで、見える範囲を広げていき、近視を回復させます。

▶トレーニングのポイント

この方法は、モノがぼやけやじめる距離を伸ばすというものなので、その距離に凝視するモノを用意します。
この時、多彩な配色で複雑な形状のモノを選択することでより効果が高まると言われています。

モノを凝視する際には、その輪郭を目でなぞるように凝視し、決して目を細めたり顔を近づけたりしないようにする必要があります。 また、身体自体も緊張をしないように深呼吸をしながら行うと良いようです。

ある学校保健会の近視予防の手引きによれば、この方法は、ぼやけ始める距離でなくても遠方を凝視することでも効果が得られるようです。

この学校保健会の手引きでは、遠方凝視トレーニングはかなり効果の高い、視力回復トレーニング方法で、 遠くの一点を明視しようとする意思が加わることで、より効果が高くなると紹介されています。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights