視力回復訓練

一般的に「視力回復トレーニング」と言われている方法は、医学的には、ハッキリとした効果は認められていませんが、 視力回復の民間療法として以前から浸透しています。

これらの方法は、医学的な根拠は乏しいと言えるようですが、 視力が回復した実例もあることから、一定の効果があると言えます。

視力回復トレーニングとは?遠近トレーニング凝視トレーニング眼球運動トレーニング眼のリラックス
眼球運動トレーニング

「眼球運動トレーニング」とは、スポーツなどにおける準備運動などのようなものだということが言えます。

スポーツなどにおいても準備運動をせずに急激に運動をすることで、身体に無理な負荷がかかって、怪我をしてしまう場合があります。 その為に、運動する前に準備運動を行い、怪我をしないように筋肉を運動することに慣れさせます。

目は、モノを見ている時には常に負荷がかかっている状態になっています。 その為に、非常に大きな負荷が積み重なって眼精疲労や肩こりなど、様々な症状が起こってしまう場合があります。

眼球運動は、眼に準備運動を与えることで、負荷を和らげて眼精疲労などの症状を抑える効果があります。 また、筋肉のリラックス効果により、疲れを取る効果も非常に高いという特徴があります。

眼球運動は、これらの効果の付加的な要素だと捉えることができ、眼球の負荷を抑える結果として視力低下の抑制や回復に効果があると言われています。

▶トレーニングのポイント

眼球運動は基本的に眼球を上下左右に動かしたり回したりすることで行われます。 これによって眼の周りの筋肉の緊張をほぐし、眼球の疲労を取ることが出来ます。

基本的に眼球運動の手順はありませんが、上下左右などに動かす場合には、眼を瞑った状態で行うことが大切になってきます。

眼を開けたままで上記のような眼球運動を行うと、眼に入ってきた光を脳が処理しようとする為に、人によっては“酔った”状態になってしまいます。

また、景色か視界に入るということは、それだけ眼を酷使していることになる為、帰って疲労してしまうことも考えられます。

眼を開けたまま行う眼球運動としては、指先や、飛んでいる虫などを眼で追うように上下左右に眼球を動かすことでも行うことが出来ます。

この時の注意点としては、あまり早いスピードで眼球を動かさないことです。 早いスピードで眼を開けて動かすと上記のように“酔って”しまう可能性がある為、余計に眼に負担をかけてしまい兼ねません。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights