視力回復訓練

一般的に「視力回復トレーニング」と言われている方法は、医学的には、ハッキリとした効果は認められていませんが、 視力回復の民間療法として以前から浸透しています。

これらの方法は、医学的な根拠は乏しいと言えるようですが、 視力が回復した実例もあることから、一定の効果があると言えます。

視力回復トレーニングとは?遠近トレーニング凝視トレーニング眼球運動トレーニング眼のリラックス
遠近トレーニング

視力回復トレーニングでもっともオーソドックスな方法として「遠近トレーニング」があります。
基本的な考え方は、遠くを見て毛様体をリラックスさせて、近くを見て適度な負荷をかけるという行為を繰り返します。 このリラックスと負荷を交互に行うのは、通常の筋肉トレーニングと同じ要領だという事が言えます。

現在の生活では、遠くを見ることが極端に少なくなっているため、 毛様体が緊張を解く行為を行えなくなって近視になっているというのが考え方の基本になっており、 その為、毛様体を収縮弛緩運動させるのが効果的だと言われています。

もっとも簡単な方法としては、まず、手元(50cm程度)を見て、遠くのモノ(出来れば木などの緑)を見るという行為を交互に行います。 この時に複式呼吸のリズムに合わせて近くを見る時には息を吸って、遠くを見る時には吐くことで、更に効果が上がるそうです。

▶応用的な方法

この遠近トレーニングでは、ぼやけている状態で繰り返しても効果が低いため、強度の近視の場合などでは、 指などを使ったトレーニングの方が効果が高いと思われます。

準備として、親指の爪に視力検査に利用されているランドルド環「C」を書き(シールなどでも代用出来ます)、 両目の中心で前後に動かし、遠近を交互に見ます。

この方法のポイントとしては、「C」のマークがぼやける位置とはっきりと見えだす位置を意識して行うことです。

そして、前後の移動スピードは、近視の場合には、遠ざける時に早く、近づける時にはゆっくりと動かし、 遠視の場合には、その逆のスピードで動かすことを心がけると良いようです。

また、原則として、これらのトレーニングは裸眼で行うことも大切だと言われています。

Lasik-レーシック- 視力回復術
copyright(c) Life style.All Rights